なんでもない日も、ワクワクするような日に。

何気ない日常にちょこっとした工夫で、自分なりの楽しみを見つけています。

無印の棚にちょっと工夫

こんにちは。
今日は朝からレシートBOXに溜まっていたレシートを
片っ端から家計簿に入力していた荷葉-kayou-です。

 

 

 

 

さて、無印良品
「壁につけられる家具」シリーズを

いくつか持っているのですが


その一つにお気に入りのコーヒーカップを置いています。

 

f:id:kayounokurasi:20210117095823j:plain

コーヒーや紅茶を飲むときは
ここからカップを選ぶ楽しみと
使わない時でも眺めているだけで幸せな気分になります。

 

 

 

 

ただ、なんとなくむき出しの状態が気になったので

何か透明でそこそこ強度があるものないかな~と
考えていたら。。。

 

 

 

 

下敷き!

 

 

 


と閃いたのです!

 

 

 

 

思い立ったらすぐ行動しちゃう私なので

早速、棚の一コマのサイズを測って百均へ。

 

 

 


まずは、
透明の下敷き。


透明の下敷きを見つけてサイズを確認したら
棚の一コマのサイズと近かったので3枚購入。

 


それから
強力磁石の大と小の2種類も購入。

 

 

 

では、簡単にではありますが作り方をまとめていきます。

もう何年も前に作ったものなので

作り方の工程の写真がなくて申し訳ないのですが。。。

 

 

 

【用意するもの】

・A4の透明下敷き

・強力磁石(大・小)

・カッター

・セロハンテープ

・両面テープ

・取手(お好みで)

 

 

 

 

【作り方】

 

f:id:kayounokurasi:20210117100518j:plain

①下敷きの長い方を棚の下部分に合わせる。

②上がはみ出すと思うので、しるしをつけて
完全に切らない程度にカッターで切り込みを入れる。

③90度に曲げる。

④棚の方に、強力磁石(大)をセロハンテープでつける。

セロハンテープは意外と目立たないので、今まで気になった事はありません。

お好みで両面テープでもいいかもしれません。

 

 

⑤そして、棚の下部分に下敷きをセロハンテープで3箇所貼ります↓

f:id:kayounokurasi:20210117101011j:plain

おぉ、こう見るとセロハンテープ感満載ですが、普段は気になったことありません…

 

 

ここで注意したいことがありまして、

それは、下敷きと下敷きの間にほんの少し隙間を作る事↓

f:id:kayounokurasi:20210117101205j:plain

最初ピッタリくっつけたら、

一つ閉めると、

その空気圧で、ほかの下敷きが開くという現象が起きたのです。

 

なので、

すこーしだけ隙間を作ってあげて、空気の逃げ道をつくると、

大丈夫でした。

 

 

 ⑦最後に取手に強力磁石(小)をつけて、下敷きに両面テープで

くっつけます。

 

f:id:kayounokurasi:20210117100855j:plain

 ※こう見ると雑にみえますね…

赤色の取手は、家にあった、木製のボタン?を使っています。

その穴に強力磁石(小)を入れ込みました。

それごと下敷きに両面テープでとめます。

家にある何か突起のあるものだったらなんでもいいと思います。

磁石そのままでもいいかも。

 

 

 

 

 

 

上からの写真↓

f:id:kayounokurasi:20210117101053j:plain

 

 

 

 

 

手で支えなくとも↓

f:id:kayounokurasi:20210117101121j:plain

だら〜ん

 

 

 

 

結局、下敷き自体をカットするって事はありませんでした。

 両端がそれぞれ1センチほどはみ出していますが、

透明なので全然気にならない程度です。

 

 

 

下敷きはそのままの状態で、

折る部分だけ切り込みを入れただけです。

(お好みでサイズぴったりに切り取っちゃっても良いかもですね)

 

気になった方はぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、棚の上に置いてある物ですが、、、

f:id:kayounokurasi:20210117101247j:plain

フェイクグリーンとコースター入れ。

 

フェイクグリーンはIKEAで買った物。

 

 

コースター入れの中身はこんな感じです↓

f:id:kayounokurasi:20210117101317j:plain

 

 

 

 

次に

珈琲豆挽き機とドリンクメニュー。

f:id:kayounokurasi:20210117101358j:plain

毎回、豆を挽いてるわけではないのですが、

そうゆう気分になったら

豆を挽いてコーヒーを淹れています。

 

 

ドリンクメニューはパソコンで作りました。

いつでも出せるドリンクを書いておけば、

 

どなたが来ても、

「何飲む?コーヒーと紅茶と、あれと、それと……」

 

とか、いちいち言わなくても、

 

これを差し出して

この中から選んでねって言えるので。。。

 

出しっぱなしにしておくので自分好みに作ってみました♪

 

 

 

f:id:kayounokurasi:20210117101445j:plain

ホコリも防止できるし、

透明なのでカップも眺める事ができるので

 

満足満足。

 

 

今日もありがとうございました。